小さな詩 1

  • 2018.08.13 Monday
  • 12:20





遠く 遠く 海鳴りを聞く
飛び交う海鳥に話を聞かそうか
儚き夢に付き合えと

海鳥よ
その翼に こびりついた
塩粒は どうやって 振り落とす

海鳥よ
その声の響きを届けてくれないか
言葉にならなくてもいいから

遠い 遠い 海の砂浜に
落とした足跡を 消しといてくれないか

海鳥よ
日照りの海は辛かろう
乾いた翼は 折れないか

海鳥よ
終わった恋の その罪に
居場所を与えてくれないか

帰り行く居場所をなくした者のために
羽を1本 その海へ落としておくれ
いつか
竜宮にたどり着くだろうから
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM