小さな詩 9

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 12:00




銀色に 輝く海を見た
ずっと ずっと向こうに立ち並ぶビル
自分が 今 どこにいるのか
自分が 今 何を思っているのか
銀色の光の中に溶けていく

リアルな時間を手放したいと
誰かに伝えてみる
返る声もないというのに
返す思い出もないものを
銀色の波の間に溶けていく


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM